株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.

globalforce.link通信

106.向上心を活用する

優秀な外国人留学生たちに共通しているのは『向上心』です。
野球でいえば、ホームランを打つ気満々でバッターボックスに立っている選手のようです。

諸先輩の目から見ると、「何も知らないくせに、何をいきがっているんだ?」と思うかもしれませんが、そのような「冷や水」を浴びせてはいけません。

ダイバーシティ(多様性)の面白みは、予想外・想定外の結果を生むところにあります。ですから、まずはその経過を見てみましょう。

良きにしろ悪しきにしろ、私たちの予想・想定は、かなり高レベルの日本文化・教育で育った日本人の経験値に基づきます。
ところが全く異なった文化・言語・教育で育った外国人たちは、私たちの「思いもよらない世界(ブラックボックス)」を持っています。

 

​......   2020.1.6.

107.現代の火縄銃

今年のNHKの大河ドラマは、今まで反逆者の代名詞であった明智光秀を題材にしたものだそうですね。その光秀に本能寺で殺されてしまった織田信長ですが、彼は「うつけ」と呼ばれて異端児だったそうです。その異端児が火縄銃を戦闘の中心に持ってきて、戦国武将のトップに上り詰めたのは皆さまもご存じの通りです。

 

高い割には、雨の日には使えない、弾を込めている間に敵に襲われてしまうと、評判の悪かった火縄銃を戦闘の主力に持ってきて編隊を組み、長篠の戦(1575年)では当時最強と呼ばれていた武田信玄の騎馬隊を撃破してしまいました。

​......   2020.1.24.