archive (2021年)

globalforce.link通信

121.オーナーシップ

優秀な人財は『引く手あまた』です。また、情報収集力もあるため、より良い条件の企業を見つけることも上手です。時々、「外国人は直ぐに辞める」と仰られる日本企業の方がいらっしゃいますが、本人に問題があるのか、会社に問題があるのか、吟味する必要があります。

正直、多くの日本企業は給与を『与え』さえすれば、従業員は満足していると思い込んでいます。あまり好きな言葉ではありませんが、従業員を『社畜』だと勘違いしていませんか?戦後、働く場所がなく「採用してくれるだけありがたく思え」といった時代ではありません。また、企業も「定年まで面倒をみます」と断言できるような安定成長の時代でもありません。

​......   2021.1.12

122.リッツ・カールトン

日本は「おもてなし」の国であるといって、2020年開催予定だったのオリンピックを誘致しましたが、なぜか素晴らしいサービスを提供するホテルとしては《リッツ・カールトン》が有名で、日本のホテルは有名ではありません。

なぜなのでしょう?

リッツ・カールトンのことを書いた本をいくつか読みましたが、「え?そこまでするの?!」といったレベルの仰天のエピソードがいくつも書かれています。そして、スタッフにそこまでの権限をどうやって渡すのか、どうやってスタッフを育てるのかといった方法や考え方が示されています。

さて、日本のホテルのサービスは悪いのでしょうか?

​......   2021.1.28

123.ぶち壊せ!

鉄腕アトムの誕生日は、2003年4月7日です。すると2021年は18歳ですね。
鉄腕アトムは1952/04-1968/03に連載された漫画ですが、今読んでもワクワクします。
まだまだ科学技術は、あのレベルにまで進歩していませんが、夢を持つことは大切ですよね。イメージできないものは、作ることが出来ませんから。

未来といえば宇宙をイメージしますが、宇宙に出かける人たちは「地球人」です。でも私たちはまだ「地球人」っていう概念を持てていない気がします。国や言語で隔たっている。

​......   2021.3.24

124.外国人・新人教育の極意

日本人の新卒と、外国人の新卒。どのような意識の違いがあるでしょう?

 

実は、私は小学校2年生のときに母親が交通事故に遭い約半年間、親戚の家に預けられたことがありました。同い年の男の「いとこ」と、二人の女の子のいる家でした。決して邪険にされた訳ではないのだと思いますが、実の親ではない人たちの中で、子供ながらにさまざまな感情がありました。

 

その中の最も強い意識は「自分のことは、自分で守る」というものでした。そのため、きっと理屈っぽかったのでしょう、祖母から口が達者な僕に「お前は、弁士になればいい...」と揶揄されたことを思い出します。正直、悲しく、辛かったですが、気負けしたくはなかったので、言い返していました。

​......   2021.4.13

 
 
 
 
 

Contact Us

Terms and Condition                                   Q&A
All copy right reserved. Institute for Cross-Cultural Communication(ICCC)