「インターンシップ」小手先のルール見直し アンフェアな就活モード“押しつけ”の現状

経済産業省・文部科学省・厚生労働省の三省は、学生が関心のある企業で就業体験する「インターンシップ」の推進に当たって、基本的な考え方を改正したと発表しました。今の大学2年生より、一定の要件を満たしたインターンシップを通して取得した学生情報を広報活動・採用選考活動に活用することが可能になるとのことです。


https://news.yahoo.co.jp/articles/04bf1f2889b61ae809ae7d814ef9586f65375c00




閲覧数:0回0件のコメント