「日本の就活」が陥るガラパゴス化、グローバル人材確保を遠ざけている実態

世界の留学生が持つイノベーション力に期待し、採用しようとする日本企業が増えている。しかし、肝心の外国人留学生は “就活”の段階で二の足を踏んでいる。就活に挑むグローバル新卒を支援するSPeak(本社・東京都)が行ったオンラインでの討論会からは、日本の就活が抱える矛盾が浮き彫りになった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1591e4a8e81fe4237a11878c1e925d2a1bedea84




0回の閲覧0件のコメント