• operator

ぐうたら人生

自分は本当に「ぐうたら」だと思っています。


僕は放っておくと、ダラダラと時間を過ごし、何もしません。そして、何も

しなかった自分に「自己嫌悪」するのです。いつかはこの命は尽きる訳です。

こんなダラダラとした時間の使い方では、きっと最期の瞬間に人生最悪の自

己嫌悪が襲ってくるのだろうと思います。


そんな自分を変えたいのです。


そのため数年前から、何かを決めて継続してそれを実行する、興味があった

ら何でもやってみるということを決めています。(もっと早く実行していれ

ば良かったのでしょうが、やっぱり「ぐうたら」ですよね...(苦笑))


僕は密かに「世界一」になりたいと思っています。


でも、全く成れていない。だからといって単に諦めるのではなく、どうせ一

番には成れないけど、そういうのも人生だと「潔く」諦める。


そうすることで、死の床の間際に、神様と会話したいと思っています。


大した人生ではなかったけど、人と比べると大した成果も成し遂げなかった

けど、とりあえず頂いた命の最期まで、やるだけのことはやったって...。

神様は許してくれないかもしれませんが、自信を持って言ってやりたいと思

います。そんなことしかできないのですから...。


だから、何もない休日は、とっても怖い。「ぐうたら」な私は何にもしたく

ないのに、不思議なものです。


人の人生って、どうやって評価したら良いのですかね?お金?名誉?地位?

...結局どれもつかめていない自分が情けないのですが、「ぐうたら」だから

仕方ないですよね。


でも、最期の瞬間まで、神様は僕にチャンスをくれているのでしょう。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示