• operator

なぜ韓国の若者が日本企業で採用されるのか 日本就職を決めた彼らのホンネ

小説『 82年生まれ、キム・ジヨン 』(チョ・ナムジュ著、斎藤 真理子訳)やドラマ「梨泰院クラス」が日本国内でもヒットするなど、韓国の若者の“生き辛さ”への関心が高まっている。その“生き辛さ”から海外就職を考える若者が増加。実は、その就職先として、近年もっとも数が多いのがこの日本だという。日本就職に成功した2名の若者に安宿緑氏が取材した現地リポートをおくる。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c0afc48714c098640fb77fb07809caace377fa9f



0回の閲覧0件のコメント

Contact Us

Terms and Condition                                   Q&A
All copy right reserved. Institute for Cross-Cultural Communication(ICCC)