• operator

もったいない

「もったいない」に相当する言葉は英語はないそうです。

以前、国連の女性が、この言葉を世界に広めてくれて「もったいない」は世

界語になりました。


また日本語の「〇〇さん」は、男性にも、女性にも使える敬称で便利なため、

文章の頭にMarry-sanと書いても相手の人は分かってくれたりします。


フランス人は、とてもお高くとまっていて英語を話さない...なんて言われま

すが、「気位が高い」ということではなく、かつてフランス語が世界の公の

場使われる機会が多かったことに由来し、英語を学ぶ必要がなく、話せなか

ったとも言われています。国際間の条約ではフランス語を利用することが昔

は多かったそうです。フランス語は語彙が豊富で、誤解のない文章を作るの

に適していた...とのこと。


このように、言葉なんて言うものは、完璧にイコールにすることはできない

訳です。


ところが、日本の英語教育は、英語と日本語を並列に並べられるものと教え

る為、真面目な日本人は、上手に訳すことができず、苦手意識が生まれてし

まう。


第一、良く紹介しますが、日本語には過去形はありますが、過去分詞なんて

存在しません。ですからGoogleで過去形と過去分詞の英語を日本語に翻訳す

ると同じ言葉になってしまうのです。


ですから、おおらかに構えているのが一番良いのです。


言いたいことが伝われば、テスト的には落第点かもしれませんが、実際には

100点なのです。それをマイナス点だけに囚われてしまい、話すことを辞め

てしまえば、実社会では0点どころかマイナスです。


私たちは、本を出版する訳でも、国家間の条約を作るのでもない訳です。

ですから、気を楽にして、話す訓練をしましょう。


これが、外国人従業員との関係を築くのに、最も大切なことです。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




閲覧数:0回0件のコメント