アイデンティティ

私は何者であるのか?私は何をしたいのか?

思春期の頃、誰しも悩むことです。「アイデンティティ」を求めている。


でも「自分はこういうものである」なんて、簡単にわかるものではないもの

です。そのため、自分が「愚か」に感じ、解決できない「不甲斐なさ」に失

望し、時として命を落とす若者がいるのは悲しいことです。


大人になると、多くの人は日々の生活に流され、自分の「アイデンティティ」

なんて考える余裕もなく生きていく人がほとんどだと思います。たぶんそれ

でも生きていけるのでしょう。でも、「アイデンティティ」を持てれば、物

事に動ずることなく、よりしっかり生きていけるような気がします。心の拠

り所なる「アイデンティティ」があるなんて素晴らしいですよね。


折角なので、皆さん、自分の「アイデンティティ」が何か書いてみませんか?


方法はこうです。「こんな人間になりたい!を列挙する」


それをたくさん書いて、眺めてみると、自分ってこんな人間なんだって気が

付くものです。心の中から湧いてくる意志の結晶です。


『成りたい人物像を追求するのが自分』、それが「アイデンティティ」だと

すれば、希望が持てると思うのです。これなら、そういう人間にまだ成れて

いなくても失望することもなく、諦めることもなく前に進めます。


今回、この文章を書くにあたり、私も自分はどんなアイデンティティを持っ

ているのだろうと、いろいろと思考し、下記に辿り着きました。


『私のアイデンティティ』

 優しい人、強い人、賢い人になりたいと思う人


あまり考えたことがないかもしれませんが、春を感じながら、一度考えてみ

て下さい。心の拠り所ができるかもしれません。




島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

囲碁