インターン「採用目的OKに」 経団連と大学が報告書

経団連と大学側が採用・就職活動のあり方などを話し合う協議会が19日、インターンシップ(就業体験)の定義を見直す報告書を公表した。実務の体験を伴わないものはインターンシップと呼ばないことにした一方、企業が採用選考を視野に入れた評価材料を得る目的で実施できると明確にしており、採用に直結したインターンシップが広がる可能性がある。


https://news.yahoo.co.jp/articles/837960e7ca218ff6b3a65b5854032e856dcaedf4




1回の閲覧0件のコメント