オオカミ少年になる勇気

嘘はいけませんが、結果的に嘘になってしまうことって、防災です。

「津波が来るぞ~!」と叫んで、皆に避難を促しても、結果的に潮位が10

cm位しか上がらないことなんてよくあります。


命に係わるような、大震災は、毎年襲ってくるものではありません。どれが

それに当たるのか分からない。でも、いつか来ることも事実です。


また誤報かよ~!と言われると、自分が「オオカミ少年」になったような気

になるのがリーダーです。


情報を受け取る側の人たちは、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という傾向が

あります。あの3.11の記憶が薄れるに従って、きっと私たちは、警報に鈍感

になっていくのでしょう。


だからこそ、「オオカミ少年」は、大きな声で、そして使命感を持って、危

険だ!逃げろ!避難してください!と毅然とした態度を持って発信し続ける

必要があるのだと思います。


人の命など、天災の前では風前の灯火でしかありません。だからこそ、ちょ

っとした「気の緩み」はとても危険なのです。


さてリーダーの皆さん、「オオカミ少年」になる勇気はお持ちですか?



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示