コミュニケーションの断絶と死

コロナで自粛を求められたこのお盆休み。たまたま付けたテレビでお医者さ

んたちの怖い話をやっていました。ちょっとしか見なかったので、誤りがあ

るかもしれませんが、その一つに「人間は何語を話すか?」というのがあり

ました。


猫はニャー、犬はワンワンと、誰にも教わることなく言葉(?)を話しますが、

動物としての「人間」本来の言葉とはどういうものかという研究がある

(あった?)そうです。


その実験は酷いものです。


なんと、身寄りのない赤ちゃんたちに言語でのコミュニケーションを一切し

ないで、どのような言葉を話すのかを調べたという、とんでもない人体実験

です。


そのテレビでは、どんな言葉を発したのかの説明はなかったのですが、悲し

いことにその被験者の赤ちゃんたちは全員2年以内に亡くなったと話してい

ました。


科学的な見地ではありませんが、人という動物はコミュニケーションという

インプットがないと、脳に栄養がいかないように、バランスを崩し、生命さ

え維持できないのではないかと感じました。


因みに、私たち日本人は、なぜ『コミュニケーション: communication』とい

う外来語を使っているのでしょう?それに該当する適当な言葉がなかったか

らだと考えられますが、日本人にはそのような概念がなかったとは考えずら

いと思いませんか?


辞書によると、


>>コミュニケーションとは、「伝達」「通信」「意思疎通」 >>などの意味の表現。「交流を図る」「意思を伝え合う」 >>といった行動を指す意味合いで用いられることも多い。 >>言葉を使った意思疎通だけでなく、文字を使った伝達、 >>身振り手振りによる意思表示などもコミュニケーション >>に該当する。


となっています。


また別の話ですが、英語の教師をしていた夏目漱石が "I love you." を、

「我君を愛す」と訳した教え子に対して、「月が綺麗ですね」とでも訳して

おきなさい。...といったという逸話が残っていますが、当時の日本人に 誰かを愛する気持ちがなかったのかというと、そんなはずはありません。


つまり、日本人には日本人なりのCommunication,Loveが存在しているが、

言葉にする必要さえない「私たちの一部」のような気がします。


江戸時代的な表現をすれば、外国人は「異人」です。そして、未だに私たち

日本人は外国の人たちを「異人」的な目で見るがために、Communicationな

どという言葉を使う必要があるのだと思うのです。


私たち日本人の持っている「本来の形」で外国の人と接していれば、

Communicationという言葉を超えて繋がることができるような気がします。


それにしても、科学とはときに残酷なことをするものですね。 言葉さえ発することのできなかった悲しい赤ちゃんたちに、心からご冥福を

祈りたいと思います。


異文化コミュニケーション研究所(R) https://www.globalforce.link/ 日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




3回の閲覧

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.