コロナ機に大手でも採用の「社外プロ人材」 人事領域での活用ポイントは?

コロナ禍を契機に、これまで当たり前だった「オフィスで働く」ことが見直されています。多くの人たちがオンラインでのリモートワークを経験し、働き方を変化させた企業では、人材活用の幅を広げる動きも出始めました。

 ヤフーでは、働く環境をリアルからオンラインへシフトさせ、「ギグパートナー」という副業人材の活用を始めました。オンライン化により「時間と場所の制約」がなくなることで、社外のプロフェッショナル人材(プロ人材)の活用が可能となり、外部人材とのコラボレーションによりオープンイノベーションの創出が期待されています。


https://www.keyman.or.jp/kn/articles/2007/29/news021.html


0回の閲覧

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.