コロナ禍で外国人採用の意欲後退 : 求める日本語能力はネイティブ相当~ビジネス上級

人材開発支援のディスコ(本社東京)は2020年12月、主要企業を対象に「高度外国人材の採用」についてアンケート調査した。回答した494社のうち20年度に外国人留学生を採用した企業は35.4%で、前年からは微増にとどまった。

19年度に翌年度の採用意向を調査した際には50.6%が「採用予定あり」と回答していたが、コロナ禍に見舞われ、実際の採用にはつながらなかったようだ。21年度に採用予定がある企業は39.2%で、採用意欲は後退している。


https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00939/




0回の閲覧0件のコメント

Contact Us

Terms and Condition                                   Q&A
All copy right reserved. Institute for Cross-Cultural Communication(ICCC)