• operator

コロナ禍で採用担当者・リクルーターが気をつけたい3つのアプローチ。大人な対応が企業ブランドを守るワケ

就活ルールが形骸化されている中で今年は本来「東京オリンピック」の開催が予定されていた為、21年卒向け新卒採用は6月末をゴールに各社前倒しで準備を進めていたこともあり、内定状況の進捗スピードは例年以上だった。ところが、広報解禁とさている3月1日と新型コロナウイルス感染拡大のタイミングが重なり状況は一変した。


https://news.yahoo.co.jp/byline/yusato/20200621-00184336/


1回の閲覧0件のコメント

Contact Us

Terms and Condition                                   Q&A
All copy right reserved. Institute for Cross-Cultural Communication(ICCC)