• operator

ジョブディスクリプション(JD)のポイント(3)

日本的な労使関係は、単なる「契約関係」ではありません。


職種における「境界」がなく、雇う側と雇われる側といった明確な「区別」

がない、家族的な集まりが日本企業の特徴です。また日本企業では、職種を

跨いだ「移動」がよくありまが、それは、その人の実力を多面的に評価した

上で、より良いキャリア、更なる能力(スキル)アップのチャンスを与える

ことに繋がっています。


契約の関係とは、神と人との契約といった考え方に近く、日本人の持ってい

る漠然とした神、漠然とした仏といったものとかなり違います。そのため、

正直、私たちは分かったようでわかっていないのが事実です。


ですから日本的な企業経営を否定するようなことは、私たちの「個性」を放

棄または抑えつけることになるため、避けなくてはなりません。そんなこと

をしても、理解できていないのですからうまくいくはずがありません。


ただジョブ型の良さをよく研究して、そのエッセンスを取り入れることです。

事実、今は貧しかった頃の日本のように、組織に所属することが一つのステ

ータスであり、組織が弱い自分を守ってくれる時代ではありません。個人と

組織が対等になり、個人の能力を評価してくれる会社を皆が望み始めていま

す。

その価値観を、日本企業はこれから受け入れていくことが必要です。


一見すると相いれないようにも感じるかもしれませんが、水と油でできている

ドレッシングが野菜の味を絶妙に引き出すのと同じように、乳化するまで振る

(しっかり考える)ことで、貴社らしい「ジョブ」の出し方が見えてきます。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2021 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.