• operator

ジョブディスクリプション(JD)のポイント(4)

日本型のジョブディスクリプション(JD)のあるべき姿は、日本企業が培って

きた感性に基づくことが重要です。


海外(特にアメリカまたはアメリカを模写している国)のようなやり方をしよ

うとしても、『猿まね』になるだけで、成果を上げる前に失敗に終わってし

まいます。


高度外国人財に対してのJDで、仕事の内容を定義することは必要ですが、

そこで日本企業が従業員に求めがちな不文律、社会性を維持するための「自

制心」を強要しないことです。


とは言っても、出来たばかりの会社で、成果さえだせば何をしても良いとい

う自由奔放な社風であれば別ですが、そうでなければやはりある程度の規律

が求めらるのが普通ですから、「自制心」は求められます。


相反することを話しているように感じるかもしれませんが、「自制心」を強

要するのではなく、『自制を本人の意思で行う環境を整える』記載をするこ

とです。


大切なことは、本人(高度外国人財)が望んで、日本的な社会性を乱さないこ

との価値を理解し、それに従うようにさせることです。


また、確かに仕事について定義されているのがJDですが、その上で彼(女)

らに、「日本企業(この企業)で働いて良かった」と感じさせるためのモチ

ベーションアップや、維持を図る仕組みが会社のベースにあることを伝える

ことも大切です。


一般的に、仕事ができる人は、仕事以外にも積極的に関心を持ち、オフの時

間を充実させているものです。その「個の世界」を認め支援することで

より高い成果を生むことを会社は理解し、個を大切にしている『会社の姿

勢』を外国人従業員に示しましょう。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2021 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.