ソリューション大国

『技術大国日本』という言葉はとても響きがよく、世界に冠たる日本の「技

術」を胸に、私たちは世界中でビジネスを行ってきました。誇り高い気持ち

になったものです。


でも「技術」とは、ビジネスにおける一種のパーツ、部品でしかありません。

そのため、ソリューションを提供することに長けている外国企業に、様々な

分野でことごとく撃退されています。


たとえば「造船」。船を作ることに長けていたとしても、船を使って利益を

得たい船会社お客様の立場で物事を考えていなければ、運用を含めたソリュ

ーションを提供する外国企業にシェアを奪われてしまう。仮に燃料コストが

どんなに低いとしても、船が運行できず遊んでいる時間が長いとすると意味

がない訳です。


自動車も、単体の移動手段としての装置としては優秀であったとしても、快

適にスムーズに目的地にまで行けるソリューションを提供するサービスが出

てくれば、今は優れていても、いずれやられてしまいます。


そして、何よりも恐ろしいことに、そのソリューションは、物理的な制約が

少ないため世界中にあっという間に広がるということです。気がついたとき

には、遅い。


『技術大国日本』に酔いしれるのは、もう「悪酔い」でしかありません。


私たちが目指すのは『ソリューション大国日本』です。日本は、おもてなし

の国のはず、その気になれば、きっと次の世代に世界に貢献できるに違いあ

りません。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示