マリー・アントワネット 最後の日々

ドラマを除き、最近の民放は質が落ちている気がしています。


一方、NHKは歴史・科学・文学・地理の面で興味深い番組が多く、録画して

おいて時間がある時に観るようにしています。


ご覧になった方も多いかと思いますがこの週末に再放送のあった「マリー・

アントワネット 最後の日々」は、フランス革命に対する私の認識を変えまし

た。


マリー・アントワネットの「パンがなければ、ケーキを食べればいいじゃな

い」と吐いた言葉が有名ですが、これも本人の言葉ではありません。(番組の

中では説明はありませんが)


悪意ある情報発信、理不尽極まりない裁判が成立してしまう社会、それらを

知ることで、私の中で美化されていた「フランス革命」の印象はガラリと変

わりました。


これは、当時のフランスの民衆だけのことではありません。今の私たちにも

共通している、人間の愚かさによるものです。民衆を陽動するために情報を

操作し、保身のために権力を悪用する。そして、民衆のストレスは「集団ヒ

ステリー」で暴挙に現れる。


是非、ご興味のある方はご覧になって下さい。


NHK 「マリー・アントワネット 最後の日々」



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

幸福