モノの見方

脳科学によると、人間の脳の活動の中で、自分が意識できるのは2割程度

で、大半の8割の活動は無意識の世界で行われているそうです。


そこでポイントとなるのは、無意識の世界では、我々が経験したことに

【タグ】を付けて記憶しておくという機能があることです。


何かあると、それに関連する【タグ】を持った過去の記憶を瞬時に検索して、

引っかかってきた記憶を組み合わせて、物事や事象を判断し、自分なりの

『モノの見方』を無意識の世界では作り出します。


逆に言えば、人間は自分が過去に経験した《範囲内》でしか、物事を見れな

いという事になります。つまり《範囲外》のことには『モノの見方』を有し

ていないのが、人間ということです。


自分の《範囲内》を広げるには、多種多様な経験を積むことがとても大切だ

ということです。


高度外国人財は、私たちの『モノの見方』の《範囲外》にいる人たちです。

また私たちは、彼らの『モノの見方』の《範囲外》の人たちです。


異なったもの同士が、切磋琢磨することで、もっと次元の高い『モノの見方』

が生まれそれが新しい成果を生んでいくのだと思います。


聖徳太子の時代も、幕末も、そして戦後も、私たちはそうやって成長して来た

のです。


自分だけの狭い『モノの見方』の《範囲外》にある世界を、積極的に取り入れ

るようにしていくことで、私たちは成長していけるのでしょう。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示