• operator

中途採用は6割の企業が「目標未達」、進む「縁故・出戻り採用」

2019年の中途採用を振り返ると、業界問わず人材が不足しており、採用目標を達成した企業は4割弱にとどまる結果となった。企業側は転職者の事情に合わせ、できるだけ速やかに選考から内定出しを行う傾向が強くなっており、1次面接から内定を出すまでの日数は調査以来最短の平均12.3日となった。60人未満の企業は初めて10日を切っている。


https://moneyzine.jp/article/detail/216909


4回の閲覧0件のコメント