人が育たないのは「採用ミス」か「受け入れ側の責任」か〜とにかく自責であればよいというわけではない〜

長年採用担当をしていて一番悲しいことは、現場の方に「なんでこんな人を採ったんだ」と言われることでした。

一つはもちろん、期待をかけて採用した人を貶される悲しさ、腹立たしさですが、本質的には受け入れ側の責任逃れな気持ちを感じて悲しく思ったものです。


https://news.yahoo.co.jp/byline/sowatoshimitsu/20210201-00220428/




1回の閲覧0件のコメント