人事部とHuman Resources

『人事部』を英訳すと『Human Resources』と出てきますが、本当にそうで

しょうか?


参考: https://www.weblio.jp/content/%EF%BC%A8%E3%83%BB%EF%BC%B2


上記の参考を読んでみて下さい。私は、なるほど...と感じました。


『Human Resources』

>>「管理的な部門」から「事業のサポート部門」へ、さらには事業と人をつ

ないで、「事業を促進していく部門」としての役割に変化していくべきとい

う考え方に基づいている。

>>「人的資源の獲得」「人的資源の動機づけ」「人的資源の育成」「人的資

源の定着」の4大使命を達成するために存在しているという説明をする会社も

ある。


『人事部』

>>日本企業の人事部は今も「管理的な部門」であるのは否めない。


今でも多くの日本企業は、基本的に新卒一括採用の方式を取っているため

か、人事部というと、人事管理、労務管理、採用、教育といった企業の断面

を取り扱う部署として存在しどちらかというと「縁の下の力持ち」的な部分

が多いように見受けられます。そのせいか、最近はその機能自体をアウトソ

ーシングとして承る企業さえ生まれてきています。


しかし、

>>「人的資源の獲得」「人的資源の動機づけ」「人的資源の育成」「人的資

源の定着」の4大使命


という視点から見直してみると、国民の義務の一つに『教育』があるのと同

様に、企業にとっての根幹、礎を築く部署であることが分かります。