働き方改革、改め『働かせ方改革』

日本政府は、日本人の《働き方改革》を推進していますが、これは日本人

に、明日から『アメリカ人』に成れと言っているようなもので、出来るはず

がありません。


なぜなら政府の言っている《働き方改革》とは、今まで私たち日本人の持っ

ている文化を全否定するようなものだからです。


もちろん、否定して新たなものを作り出すことは悪いことではありません。

ただ、否定だけして新たな指針を示し、その指導をするのでなければ、二十

一世紀に《雨乞い》をするのと同じです。神様にお願いするのであれば、政

治家よりも祈祷師の方が役に立ちます。


そこで思い出してください。明治政府は、日本人の教育を立ち上げるのにあ

たり、何をしたのか?


そうです、お手本になる国から先生をよび、そこから学んだのです。ですか

ら、私たちも目標とする国から先生を招聘し、そこから学ぶようにしない限

り、どうやったって改革などできるはずがありません。


とは言っても、「働き方改革」をするのにどこの国をお手本にするのか?


明治維新の頃は、フランス、ドイツ、ロシア等の国から、日本と親和性のあ

る分野をそれぞれから選択して、『良いとこ取り』をしたのですから、なか

なか賢かったと思います。


また、国家であればある程度強制力を持てますが、民間企業にとっては、古

い上司に、古い仕組みのままですから、いくら政府が《雨乞い》をしても、

何も変わらないものです。


重要なことは、徹底的にやることです。


何を徹底的にするのか?それは《時間軸》ではなく《効率軸》にシフトする

ことです。《量》より《質》。そしてそれに対して正当な評価をする仕組み

を作ることです。


そのために重要なこと、それは指導する上司がその価値観で【評価】される

ことです。まずは、【隗より始めよ】です。