危うい市民活動へ

市民団体のような、一つの目的に対して皆が自主的に集まる場合、どうして

も人によって「温度差」が生まれてしまいます。


ある人は「相当な時間」を使い、ある人は「使命感に燃えている」。でも一

方で「時間があればやる」程度だったり、「責任までは負いたくない」と考

える人もいる。


また本当は「自主的な集まり」だったにも拘わらず、いつの間にか義務化さ

せられて気持ちが乗らなかったり、集まること自体が楽しくて、自分の頭で

考えなくなることも良くあります。


共に力を合わせて問題解決に臨むことの難しさが、自主的な市民団体にはあ

ります。


私たちは、正義を旗印として掲げがちですが、正義はとても脆いものです。

それぞれの立場で、正義の定義が異なってしまうからです。そして逆の立場

の人から見れば、その正義は「悪」になるという危険性もあります。


とても重要なことは、全員で『誰のため』なのかを常に意識することです。


人は、目に見える誰かの為なら、自分の命でさえ投げ出して救い出そうとす

る生き物です。


ですから、強制力を持たない自主的な活動で成果を出そうとするのなら、温

度の高い人も、温度の低い人も、等しく『誰のため』なのかを常にリマイン

ドしながら、進むことが大切です。


困難を乗り越えるために必要な、勇気と決意を得るために。




島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用