• operator

同質化の危機

結婚相手や、友人は『気の合った人』でないと疲れます。

お互いに同じ興味を持ち、同じ趣味があると話は弾みますが、段々とこじん

まりとした世界になっていきます。他の世界と交わらないからです。


組織にとって『気の合った人』だけが集まると、その分野では特出るような

仕事ができますが、市場環境が変化した途端、同じようなことしか考えるこ

とができない組織は新しいことを考える力がないため、脆さが表に出てきま

す。


極端に言うと、生存力を高めるためには、リーダーは空気感を共有しない

『KYな人財』を定期的に取り込み、あえて場を乱すような工夫をする必要

があります。ワクチンと同じです。


どんなに優れた映画監督でも、飽きられるときが来ます。どんなに素晴らし

い俳優でも、時代と共に廃れていきます。そうならないようにするためには、

プロデューサーが常に「新しい血」を組織に取り込むように意識することが

重要です。もちろん、当たりはずれはあるでしょう。しかし、はずれても、

次、次を準備して育てていくことが新陳代謝を高め、環境に適応するビジネ

スに繋がっていくものです。


つまり、リーダーには『器の大きさ』が求められます。その人に、反抗的な

面や、気に食わないところ、考え方の違いがあったにしても、異質なエネル

ギーを持つ人を、リーダーの器の中に収めることです。


高度外国人財を活用することを決めた企業にとっては、この『器の大きさ』

が求められることを忘れないようにして欲しいと思います。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Contact Us

Terms and Condition                                   Q&A
All copy right reserved. Institute for Cross-Cultural Communication(ICCC)