国家の財政

先日(8月1日)、自民党衆議院議員・木原誠二さんの「国家財政」に関する講

演を聞く機会がありました。

内容的には、さまざまなメディアでも紹介されていることなのですが、現職

の国会議員からこの数字を直接言われると、厳しい現実を目の当たりにさせ

られた気がしました。いただいた資料の数字を使って、私なりに下記に整理

しましたのでご覧になってください。 1.「借金返済」と「社会保障」 コロナ禍前の国会予算は、102.6兆円     内借金返済分は、 23.3兆円(2割借金返済)

よって実質使えるのは、 79.3兆円  社会保障費(国家分)は、 35.8兆円(45%)  社会保障費(地方分)は、 15.8兆円(計65%)

よって社会保障以外は、 27.7兆円

つまり使う予算の2割が借金返済、それから残りの65%が高齢化社会を支え

るための社会保障だということです。 2.「追加の借金」

さらに、 コロナ禍前の国会予算は、102.6兆円      内税収分分は、 63.6兆円

よって足りない分は国債、 32.5兆円(4割が借金)

つまり(2割借金返済)しても、(4割が借金)なので借金は増え続けるばか

りで、プライマリーバランスは、 -9.2兆円(23.3兆円-32.5兆円) 3.「財政破綻? NO! but Yes?」

でも、この差分は消費税の4%程度なので、消費税を14%にすれば直ぐにバ

ランスは取れるので、すぐに国家財政が破たんするというレベルではない。

(このままではいずれ破たん)

(《参考》消費税1%で約2兆円の税収です。是非、皆さん覚えておいてください。) ただ借金1000兆円は巨額。今の低金利だからできるだけ、「薄氷の上を歩

く」状態。例)金利が1%上がるだけで、10兆円もの利息が増える! 4.「コロナ禍で借金さらに増加」

さらにこのコロナ禍で 57.6兆円が追加

コロナ禍後の国会予算は、160.2兆円(102.6兆円+57.6兆円) プライマリーバランスは -66.1兆円(24.0兆円-90.1兆円)へと悪化。 5.「課題」

緊急事態の予算のはずが、恒常化する傾向が国家予算にはあるため、コロナ

禍の後、元のレベルに戻すことができる必要がある。(例:リーマンショッ

クの後、経済が正常に戻っても国家予算は戻らなかった。) 6.「希望的観測」

国家財政を立て直すために必要なのは、「成長戦略」。5年を目途に対策を

講じる。

 ・官のデジタルトランスフォーメーション  ・科学技術&イノベーションの推進  ・集中から分散(デジタル田園都市構想)  ・経済安全保障(セキュリティクリアランス他)  ・環境・エネルギー(カーボンニュートラル)  ・金融、宇宙、海洋 針の穴も通さないようなロジカルな説明に圧倒されました。 このような国会議員であれば官僚に論破されずに、意志を通せるだろうと安

心した半面、希望的観測は「蜃気楼」のようにも聞こえました。

国の政策とは、一度走り出すと止めることはとても難しいためです。 とても多くの人たちが関与して利害関係が生まれると、早々止められない。

原発政策、諫早湾干拓、他。

質問した際の返答は、しっかりとPDCAを回すと仰っていましたが、

「C」がチェックではなく、チャレンジになっていないか不安がどうしても

残りました。

日本の財政状況に危機感を持つことも重要ですが、他の国のことを知ること

も重要です。たぶんどこの国も、さまざまな課題を抱えており、盤石な財政

状況を維持できている国はないからです。過去の歴史が物語るように、戦争

さえ引き起こすきっかけとなるのですから...。

いずれにせよ、私たちの国家です。国会議員だけに任せるのではなく、国民

一人ひとりがより意識を持つことが求められると思います。

異文化コミュニケーション研究所(R)では、リクルートイベントで留学生にワ

ークショップをしてもらいますが、母国の財政について説明をさせると、情

報収集力、分析力、課題、プレゼンテーション力等々を知ることにもなり、

とても役に立ちます。 異文化コミュニケーション研究所(R) https://www.globalforce.link/ 日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用


0回の閲覧

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.