外国人の反省に対する意識

日本人は、子供の頃から、何か悪いことをすると親や先生から「反省」を促

されます。私も、小学校で「反省文」なる作文を書かされたような記憶があ

ります。


私的な解釈ですが、反省とは、『何か問題を起こした場合や、誰かに迷惑を

掛けた際に、きちんとそのやったこと(してしまったこと)を認め、もう二度

と同じ過ちをしない(起こさない)ように意識して、謝罪をすること...。』

だと思うのですが、皆さんはどのように考えますか?


さて、反省という言葉に私たちは「気まずい」「後ろめたい」印象を持ちま

すが、本来はきっと正しい道を進むためのポジティブなもののはずですよね。


それでは、どうして私たちはそんなマイナスの印象を持っているのでしょ

う?私の推測ですが、親や先生から「反省しなさい!」と言われ続けたため

に、どこかで「悪いのはあなたです!」と念押しをされたような気持ちにな

るからではないでしょうか。


反省は自分で行うもので、誰かに強制されるものではないはずです。


この「反省」という行為は、『周りが正しい中、自分が悪い』という意識を

植え付ける「タガ」になっている面もあると考えられます。これって、周り

を気にしすぎる「日本人気質」の一つですよね。


さて、私たちにとっては「反省」という考え方はおおよそ共有しているかと

思いますが、外国人にとっては別だということを是非覚えておいて欲しいと

思います。


ネットで、「反省 英語」と検索をすると、下記のような回答となっていま

した。


>>反省 reflection

>>reflection:反射, リフレクション, 反映, 反省, 省察, 映像

>>introspection:内省, 内観, 反省

>>reconsideration:再考, 見直し, 反省, 再議, 再思, 再考慮

>>reflexion:反射, 反省, 反映, 回想, 倒影, 反照

>>meditation:瞑想, 思索, 冥想, 反省, 黙考, 思案

>>contemplation:沈思, 黙考, 冥想, 嘱望, 反省


どれも、ある程度は「反省」の一部を表現していますが、私たちの持ってい

る「反省」とは完璧に一致するものがありません。つまり、私たちが持って

いる「反省」という概念を、外国の人は同じように持っているとは考えない

方が良いということです。


そのため、何か相手に「反省」を促したい場合には、「反省」という言葉以

外の言葉で相手に理解させなければなりません。


たとえば、下記のように....


『①丁寧に順序良く、起こった事象についての「あなた」の解釈を述べる。