富の再分配

世界は二極化している、富の分配(富の再分配)が必要だと、いろいろなと

ころで議論されています。


でも、これって「搾取されている」という発想を煽っているだけだと思いま

せんか?


そんなことを話題にしている(メディアで活躍している)人たちは、一般庶

民よりも遥かに大きな収入を得ていますが、彼らは自分自身で「再配分」を

行っているのか甚だ疑問です。


それに、どれだけ配分をしたら良いのでしょう?また、誰にどうやって配分

したら良いのでしょう?


国連や〇〇財団法人を非難する気はないのですが、寄付を集める団体はその

組織の維持のために「寄付金の半分以上」を使っているらしいですし、団体

のトップの人たちの年収は一般レベルよりもかなり「高い」。国連における

会合や、世界中に派遣されている職員の所得もかなり高く、会合の後の高級

ホテルで素敵なディナーは時折問題視されています。


「問題を議論するという事業」が存在しているようにも感じるのは、私がひ

ねくれているからでしょうか?


年収10億円の人は、その半分の5億円を誰かに渡したとして、皆さんは拍手

喝采するでしょうか?手元に残る5億円に目がいきませんか?「まだ5億円も

あるのだから、もっと配分すべきだ!!」と言うような気がしてなりません。

そんなことを言うのは、餓鬼ですよね。


さらに、よくよく考えてみると、一部の「理性的だと自称している」学者さ

んや政治家は、自分よりも所得の高い人たちを「ターゲット」にして富の配