就活の悪しき慣習「学歴フィルター」が、ここまで広まった背景事情

「就活」という略語や「シューカツ」の表記は、就職氷河期の始まった1990年代に登場し、2000年代に広く世に知られるようになりました。つまり令和の大学生たちは、今の「就活」しか知りません。生まれながらに目の前にあり、他のありようは想像できず、ただただ重くのしかかってくるものと感じているところがあります。


https://news.yahoo.co.jp/articles/57a2774574a929b33431dcd1889e2297a57478ba




閲覧数:0回0件のコメント