• operator

就活現場で一気に普及「オンライン面接」の功罪

2021年卒採用はコロナ禍によって混乱し、「オンライン対応」が最も大きな採用課題として登場した。昨年までもオンラインによる採用手法は存在したが、導入する企業は希少であった。これからは「オンライン対応」はすべての採用局面で必須になり、2022年卒採用でもオンラインセミナー・説明会、オンラインインターンシップを課題とする企業は多い。


https://toyokeizai.net/articles/-/379269




0回の閲覧0件のコメント

Contact Us

Terms and Condition                                   Q&A
All copy right reserved. Institute for Cross-Cultural Communication(ICCC)