幸せを感じる方法

嫌なこと、悩ましいこと、辛いこと、納得できないこと、許せないこと、信

じられないこと、大っ嫌いなこと、ムカつくこと、憤りを感じること、辛い

こと、悲しいこと、やってられないこと、...。


不思議なもので、傍からは羨ましがられるような人でも、本人の心の中では、

様々な葛藤があるものです。


そんな成功者と呼ばれるような人でさえ、ときに不幸せな気持ちになるので

すから、いわんや凡人の私など、その落ち込みの周期や度合いはとても大き

いものです。


どうしたら幸せを感じることができるか...?


思い出したことがあります。


大学時代のことです。とても寒い雪の積もった日、お金がなく、ひもじい思

いをしていました。スーパーマーケットで一番安くて、一番たくさん入って

いる食パンを買いました。


公園のベンチに座り、蛇口から直接水を飲みながら、その食パンを食べまし

た。お金がないので、食パンだけです。


その日の天気は、快晴で、雪に太陽の光が反射して眩しいほどでした。


真っ白い食パン。口に頬張ると、これが甘い!不思議なほど甘い!!

食パンって、こんなに旨いものなんだ!!と、声を上げて喜ぶほど、感動し

ました。


あのひもじいときでさえ、幸せを得られることができのたですから、シンプ

ルに幸せを感じたいなら、まる一日何も食べずにいることが良いのではない

かと思うのです。


空腹で、空腹で、ひもじい気持ちになって、食パンだけ、白米だけを頂くと、

間違いなく美味しいはずです。そして、間違いなく幸せを感じることができ

るでしょう。


幸せって、感謝して頂くものだと思うのです。




島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示