感情のコントロール

「怒り」や「不安」そして「後悔」は人の心を奪います。

奪われてしまうと、頭からそのことが離れず、何度も、何度も同じ「感情」

が心を支配し、疲れ果てるまで繰り返されてしまいます。


  過去の出来事に対するものが、「怒り」「不安」「後悔」

  未来の出来事に対するものが、「不安」

  他人に対するものが、「怒り」


どれも『現在』でも、また『自分』のことではありません。

つまり何もできないのです。


頭では分かっていても、私たちは囚われてしまう。

囚われとは、読んで字の如く、人を囲いの中に閉じ込めることです。


囚われ状態から、脱出しようと「もがいている」のかもしれませんが、過去

や未来、他人のことは何もできないのですから、無意味に神経をすり減らし、

膨大なエネルギーと時間を無駄にしていることになります。


そして、何よりも問題なのは、他のことに集中することができないことです。

有限の人生を、そんな無駄なことに費やすのはもったいない。


頭では分かっているのですから、後は心にそれを理解させるだけです。

囚われて「もがいている」人は、実は外に出る「扉」に気が付かないだけです。


さて、どうするのが良いのか?


五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を刺激することだそうです。

全ての言葉に、「覚える」が付いていますが、この「覚」とは、自然に入って

くる状態を指します。

五感を使って、自然な自分を「自覚」することが大切です。


ある本に書かれたことを紹介します。


数粒のレーズンをお皿に入れ、一粒、一粒に全神経を集中し風味を味わう。

一粒口に入れたときの感触、嚙んだときに広がる風味、噛みしめたときの音、

それら五感の一つ一つに全神経を集中させる。

次に、レーズン同様に、「自分の呼吸」にも五感を使って15分程集中する。


すると、囚われの世界の外に出ているそうです。


是非、お試しください。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Contact Us

Terms and Condition                                   Q&A
All copy right reserved. Institute for Cross-Cultural Communication(ICCC)