採用での「倫理」とは? 社会の入口に立つ就活生に、この世は「嘘」や「建前」ばかりと思わせてよいのか

採用や就職という活動は、どれだけ丁寧に慎重に相手に配慮しながら行ったとしても、誰かを傷つけたり自ら傷ついたりせずにはいられないものです。


入社したい人を落としたり内定が出た会社を袖にしたりすれば、相手が本気であればあるほど悲しませることになります。それこそ、失恋によって自尊心が根底から揺さぶられるように。相手から拒絶される不合格や辞退という経験は、事ほど左様に当事者の存在意義を脅かすものです。


https://news.yahoo.co.jp/byline/sowatoshimitsu/20210906-00255973




0回の閲覧0件のコメント