採用担当者の2人に1人が「不安」。急激に変化する採用現場で、成功する企業の6つの共通点とは?

この数年、採用現場が急激に変化している。

2000年から2010年代初頭までは、大手の採用サイトのみでも採用ができる企業も多かった。さらに、新卒一括採用のため、毎年同じスケジュールをこなせばよかった。

しかし、2014年から売り手市場に転じ、企業は、人材獲得のために早期インターンシップの開催などの工夫を強いられてきた。通年採用化の動きも加速している。これまでのルーティンワークでは対応できなくなったのだ。さらに、この数年はリファラルやスカウトなどの採用チャネルの多様化が進み、複数のツールを運用することが必須となった。そこに、新型コロナが降りかかった。


https://www.huffingtonpost.jp/entry/thinkings-saiyo-no-honne_jp_60c19ae4e4b0b449dc35723c