採用維持や凍結、学生は志望業種や企業で明暗-コロナ禍の就活戦線

新型コロナウイルス禍で進む2021年春の就活戦線。過去の就職氷河期に採用を大幅に絞り、即戦力が不足した教訓から採用を維持する企業がある一方で、凍結に踏み切る動きもある。新卒生は志望業種や企業により、それぞれ対応に苦慮している。

リクルートによると、来春の新卒求人倍率(6月調査)はコロナの影響で1.53倍(20年春は1.83倍)に低下した。14年以降で最も低いが、1.23倍(12年)まで落ち込んだリーマンショック後の氷河期の水準は上回った。大きな倍率の低下は流通業など一部にとどまる。


https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-17/QG23IGT0AFB701




0回の閲覧

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.