旭酒造、コロナ禍での就職難を踏まえ2021年6月入社の新卒採用活動を実施

獺祭」などの酒造メーカーである旭酒造は、昨今のコロナ禍での就職難を踏まえ2021年6月入社の新卒採用活動を行うことを発表した。製造部(蔵人)10名程度の募集を予定している。

旭酒造は、コロナ禍により通常とは異なる就職活動内容や採用環境に起因して、就職できない学生がいることや、就職浪人などの増加は長期的に社会の活力を削ぐとの考えから、6月入社採用に踏み切った。また、2020年度前年比129%と輸出が好調であることから、人員拡充でさらなる品質追求への思いもあるという。


https://news.mynavi.jp/article/20210323-1828989/




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示