最高のシナリオ

誰の人生も、シナリオ通りになど絶対に行きません。


でも、ここで言うシナリオって何でしょう?

誰も自分の人生を、最悪のシナリオで書こうなんて思わないでしょうから、

「幸せのシナリオ」のことなのでしょう。


つまり、どんなに幸せを予定していても、その通りになんてならないという

ことに成るのでしょうね。


それじゃ、幸せのイメージをしてはいけないのでしょうか?


そんなことはないはずです。良い仕事に巡り合い、良い伴侶と結婚し、幸せ

な家庭で、衣食住に困ることもなく、健康で長生きする。という希望に満ち

溢れたシナリオを作った方が、毎日が幸せに過ごせるでしょう。


ただ、シナリオ通りにならないような困難に直面しても、シナリオ通りにな

んてならない...と絶望することが問題なのだと思います。


シナリオは、どんな時も、その時点から作り直していくことが大切です。

どんなに絶望の淵に立たされていても、そこから幸せのシナリオを作り直し

ていくことで、本当の意味での幸せが得られるのではないかと思います。何

度でも、何度でも、シナリオなんて作り直せば良いのです。


予期せぬことの連続が人生です。

これで最期!と諦めた瞬間に、幸運の女神が微笑んで、問題が解決してしま

ったり。絶対に大丈夫と安心しきっていても、あっという間に崩壊してしま

う。


そんな人生を楽しむしか、私たちにはできません。


だから古いシナリオに縛られないことが、最高のシナリオなのだと思います。




島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示