根本的な欲求

人は誰しも「身の安全」、「承認要求(他社から認められたい)」、

「自由要求(自分の人生をコントロール)」を持っています。


このどれかが満たされないと、なりふり構わず、暴力的になったり、

攻撃をしたり、嘘をついたり、逃亡したりといった、反理性的な行動を

起こすものです。


それが、人と人との問題の根本にあるものです。


そのため問題を解決するためには、どの欲求が原因になっているのか

を見定め、それを「満足させる」、または少なくとも「共感してあげ

る」ことが必要です。


ただ難しいのは、本人もその欲求を理解していないことがあることです。


そのため、徹底的に「聞き役」に徹すること。そして、丁寧に丁寧に

絹の羽衣を優しく一枚ずつめくるように、その根本にある「欲求」を

一緒に明らかにしていく作業が一番初めに必要です。


そして、その「欲求」が明らかになったら、現実的な解決策を「一緒」

になって探ることです。そこまでくれば、徐々に相手も理性を取り戻して

来ます。


特に、文化の背景が違う外国人とのコミュニケーションには、このことを

常に意識しておくことが大切です。初めから「誤解」して相手のことを

判断してしまうことは、とても危険です。


築き上げることができる信頼関係を、壊すことはありません。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示