死は前からは来ない

吉田兼好の言葉に『死は前よりしもきたらず、かねて後ろに迫りけり』とい

うのがあります。


日々の生活に追われるように生きていると、ある日突然背後から肩を叩かれ

「命がつきる」。


人は身近な人の死をもって初めて『死』にリアリティを感じます。特に一緒

に暮らしている家族の死をもって「生」の意味を考えるようになるものです。

己の命だって実はいつ終日を迎えるのか分からないと考えれば、気が付いた

瞬間、命に「生」を持たせること、それを真剣する必要があるのではないで

しょうか?


日本の近代教育は、高等教育を「生活の糧」を得るために行っている傾向が

強く、より良い生活をするために、学校を卒業するとすぐに「就職」をする

ことを求め、日々努力をして働くことを求めます。さらに、多くの人が自分

でもそれが正しいと思い込み「日々の努力をしている自分の姿」に価値を感

じます。永遠の命があるかのように何も考えずにです。


働くことで人は多くを学び、人に、未来に、貢献しているものですが、それ

は「あなた」の『生』が行うべきものなのかを考えることも、ある程度の年

齢になったら大切だと思います。


《人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり》


この命にはどんな『生』を与えたいのか?


人それぞれですが、自分に《自由》を与えてみるとあなたの『生』が求める

ものが見えてくるような気がします。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Contact Us

Terms and Condition                                   Q&A
All copy right reserved. Institute for Cross-Cultural Communication(ICCC)