異文化コミュニケーション的交渉術(タモリ)

最終更新: 11月18日

皆さんも良くご存知の『タモリ』さん、最近はコメディアン的な要素より

も、《ブラタモリ》の聡明な印象が強いのですが、元々は「大人向け」の深

夜番組の色合いが強く、1982年から放映している《タモリ倶楽部》はまさに

彼らしさの出ている「長寿番組」ですよね。


うつろいの激しい芸能界の中で、生き残っているのですから凄いものです。


さて是非、Youtubeで『タモリの7ヶ国語バスガイド』や、『タモリ 四ヶ国語

麻雀』をご覧になって頂きたいのですが、それぞれの言語の特徴を捉えて

「心底笑えます」、でも全く意味不明なのですからね~。(笑)


言葉とは面白いもので、その『語気』で国民性さえも分かります。


『語気が強い言語を話す国の人』は、やはり豪快な性格の人が多く、

『語気が弱い言語を話す国の人』は、物腰が柔らかい性格の人が多いもので

す。


ですから『語気が強い言語を話す国の人』とは、胸をぶつけ合うような交渉

を心掛け、『語気が弱い言語を話す国の人』とは、手を握り合うような交渉

を心掛けると話が進みやすくなります。


一方、『語気が強い言語』だからと言って、圧力を掛けていると勘違いして

はいけません。単に『語気が強い』だけなので、大きな声で鶏が騒いでいる

程度に捉えて、落ち着いて交渉をすれば良く、また逆に『語気が弱い』から

といって、相手を抑え込もうとすると、後で『しっぺ返し』を食らうことに

なります。


是非覚えておいてください。


ちなみに、日本語は他の国の方からどのように聞こえるのかご存知ですか?


「小鳥がささやくような話し方」だそうです。


つまり、日本語は『語気が弱い言語』と言うことになるのでしょう。

(私の、アメリカ人、韓国人、台湾人、ベトナム人、中国人の友人がそう言

っていました。)



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用



1回の閲覧

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.