異文化コミュニケーション的交渉術(事前配布資料)

本当に無責任だと思うのが、会議用の資料をきちんと理解している人って思

った以上に少ないものです。


特に難しい説明や図解、数式などが描かれてあると、「理解できないと言う

ことができない」というプライドがあったり、「どうせ理解できない」とい

う諦めがあったり、「誰かが分かっている」と他力本願になったりりと、い

い加減な参加者が多く生まれてしまいます。


また会議の当日に配布される資料の場合、落ち着いて目を通して、質問事項

を整理する時間的・精神的な余裕がないため、これは顕著に現れます。


それで議論を進めると、お互いにとんでもない「誤解」や「不理解」、「思

い込み」で会議が進むため、本質とは異なったところに議論が進んでしまう

ことになりがちです。


会議を開催する場合には、事前にきちんと資料を準備し、事前に全員に配布

して、質問を受け付けておくことが重要になります。これをしないと、「主

催者側の思うがまま」になってしまったり、また出席者は考える意志を持た

なくなってしまい、流れるままになってしまいがちです。


恣意的にぎりぎりまで資料を出さないのは、会議の場を冒とくすることにな

りますし、何も考えずに資料を当日渡すのは、愚かな主催者にります。


会議とは、何人もの人たちが集まって、皆で知恵を出し合って、最善の結果

を導き出すことが目的です。 参加者も、きちんと目を通し、理解をした上で参加することが求められます。

当たり前のことですが、この当たり前のことができていないのが現実です。


島崎ふみひこ 異文化コミュニケーション研究所(R) https://www.globalforce.link/ 日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.