緑は青であっても、青は緑ではない

信号機の色は「緑」でも、なぜか「青」と言います。

そして「青々とした大地」といっても、本当の色は「緑」です。


そのため、私たち日本人は「青」と「緑」の区別が曖昧であるという認識は

皆さんお持ちでしょう。


でも、青空を観て「緑」だとは思いません。青い海といったときに誰も

「緑」を思い浮かべることはないですよね。


空の色が「緑」だったら、かなり不気味です。(苦笑)


そう考えると、


「青」と「緑」の区別が曖昧である


ということ自体、怪しいステレオタイプなのかもしれません。


私たちは、目の前で起こっている現象に「それらしい」理由を付けられる

と、直ぐに信じてしまう傾向があります。


時には「天邪鬼」になってみて、『それって、本当に、本当?』と、常識を

疑うのも、頭の体操には良いと思います。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用