認知バイアス

なんで難しい言葉を使うのでしょうね?専門家って!

自分を中心にしてはいけませんが、「認知バイアス」なんて言われたって、

その意味が直ぐに頭に浮かぶ人は少ないのではないでしょうか?(苦笑)


さて「認知バイアス」を、一般的な言葉にすると『先入観、思い込みによる

認識の歪み(誤解?)』となりますかね...。


いずれにせよ、この「認知バイアス」が原因で、予知しているのに、その

「危機」を回避できないということを、私たちは、しょっちゅう起こして

います。

身近なところでは、車の擦り傷、ここは危ない場所だと知っているのにも拘

わらず「たぶん、大丈夫だろう」と思って「ガリガリ...」とやってしまう...。

とか、「真っ白い服」にケチャップを飛ばす、とか...等々。


皆さんも、悲しいご経験があることでしょう。


そういうことを起こさないように、何かの判断をする際に、下記のような状

態にご自身がいないか是非ご確認下さい。


「楽観幻想」になっていませんか?

「出来事を自己中心的に解釈」していませんか?

「将来を過度に軽視」していませんか?

「現状を維持したがる」っていませんか?


多くのトラブルは、「認知バイアス」さえ回避できれば減らせることができ

そうです。


グローバル、ダイバーシティ、インクルーシブ、少子高齢化、就労人口減、

人材確保難、...。皆さん、予知してますよね、でも「認知バイアス」に侵さ

れていませんか?


企業の皆さん、貴社の将来を支える人財は、突然海外から人を輸入するので

はなく、既に日本で学んでいる優秀な留学生たちからスタートしませんか?



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示