鉄道各社の新卒採用がコロナ禍で大きく減少へ 今後に与える影響は?

2022年4月入社の新卒採用を減らす動きが、鉄道各社で広がっている。当初計画ベースでみると、JR東日本は前年度比5割減の約700人、JR東海は2割減の約680人、JR西日本は約8割減の130人となっている。またJR九州は、2022年春の新卒採用を中止する。

 首都圏の私鉄にもこの動きは広まっている。東急電鉄は駅係員や運転士などの募集は行わず、技術関連職の採用のみを行う。総合職は親会社の東急で行っている。京急電鉄は2021年度の半分に減らす計画で、小田急電鉄や京王電鉄にも同様の動きが広がっている。


https://news.yahoo.co.jp/byline/kobayashitakuya/20210313-00227070/




0回の閲覧0件のコメント

Contact Us

Terms and Condition                                   Q&A
All copy right reserved. Institute for Cross-Cultural Communication(ICCC)