• operator

鍵は多様性

コロナ禍で、多くの企業が新規採用を絞っています。

そのため、当研究所が発掘したとても、とても優秀な留学生をご紹介して

も、「今年は外国人の採用を見合わせることにしました」というご返事が

とても多い状況です。


このご返事を伺うと、日本人の採用がメインで、外国人の採用はその穴埋

めといった印象を持ってしまいます。


しかし、こんな時だからこそ、チャレンジする心意気が必要なはずです。


日本経済だけでなく、世界経済の根幹がダメージを受けているのですから、

今までと同じような考え方、行動で乗り切れるとは思わない方が良いでしょ

う。誰も経験したことのない「次元」に今私たちはいるのです。


こんな時代には、過去問も、模範解答も存在しません。正解が何かは、後

から分かることでしょう。


だからこそ、正解に至るまで、何度も何度も様々な施策をチャレンジする

ことが必要ではないでしょうか?


多様性に賭けるしかありません。


古臭い手法に頼っても仕方ありません。外国人留学生はその可能性を最も多

く持っていると、当研究所は考えます。


だって、皆さんだって海外に行って感じたことありませんか?「日本だった

ら〇〇があるから便利なのに...」、「ここでラーメン屋さんやったら絶対に

儲かるよね!」「もっと丁寧に作ったら美味しくなるのに...」。


そうです、現地の人では「当たり前」の世界なのです。不便も、問題も、気

が付かない。でも、外国人からすると《改善点満載》なのです。


私たち日本人の良さも、課題も、外からの視点で見ることで、新たな発見が


生まれます。

アフターコロナの世界を想像することはできませんが、何もしなければビフ

ォーコロナの遺物になることに気が付きましょう。


鍵は、多様性です。