3つの学問

私の知る限り、日本人ほど、哲学的に《人の道》を追求する国民性を知りま

せん。


もちろん中国では孔子や孟子、荀子を代表として、素晴らしい過去の教えは

ありますが、中華大革命の後、その文化は色褪せてしまったように見えます。

またインドも仏教や儒教、ヒンズー教といった宗教を中心とした「教え」は

ありますが、日本の《道》的なものとは違うような気がしています。


また日本も、経済第一主義の資本主義社会の中にどっぷり浸かってしまって

いるため、学問の目的が受験戦争に勝ち残るためという狭義なものになって

しまっていることも事実で、私たちはそれを反省するときに来ているのだと

思います。

確かに『金儲けが上手な人』は、経済を回す力を持ち、多くの人々が生活の

糧を得る組織を作る能力に長けていることで、評価されることに異論はあり

ませんが、人の人生、《人の道》という視点から眺めてみると、人生におい

てはほんの一部の能力でしかないのではないでしょうか?


安岡正篤によれば、学問とは以下の3つに分けられているそうです。


 ○知識の学問:理解力や記憶力を働かせる学問

 ○智慧の学問:経験を積み、思索を重ねる、人格的な学問

 ○徳慧(とくけい)の学問:徳に根差した学問


今は一番初めの『知識の学問』だけしか行われていないように感じます。


日本に留学して学んでいるとても優秀な留学生たちに、是非日本人の礎とな

っている《人の道》を究めるための生き方を含めた【日本】という国の良さ

を、智慧と徳慧と共に体感して欲しいと思います。


そして、私たち自身も、もう一度、代々引き継がれているこの文化をもう一

度振り返ることで、それぞれの《人の道》を究める豊かな人生を歩んでいき

たいですよね。



島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

囲碁