KPIには見えない世界

KPI(Key Performance Indicator)とは、「重要業績評価指標」を指します。 目標を達成する上で、その達成度合いを計測・監視するための定量的な指標

のことで、世の中の変化があまりないときには、組織の規律を高めたり、目

標意識を持たせるのにとても意味があります。


しかし、KPIは「以前の世界」と「現在の世界」が、同じ要素で構成されてい

ることでなければ、ときとして私たちの目を惑わせてしまいます。


たとえば、ベビーブームに生まれた世代のマーケットと、少子高齢化に生ま

れた世代のマーケットを、同じKPIを使って事業方針を決めてしまうと、間違

いなく事業は成功しません。


現代社会は、まさに事業環境が変わりつつある状況にあると考えられます。

生活環境が「海の中」から「陸地」になるくらい劇的な変化です。ただ海が

干上がって陸地になるには、それなりの時間があるため、気が付かないフリ

をして、問題の先送りをする経営者が多いのではないでしょうか?


何の準備もしなければ、いずれ淘汰されることになります。


ハズレることを恐れず、未来をイメージしてみましょう。きっとこうなるだ

ろうという世界を。また今の業務をゼロベースで見つめてみましょう。俯瞰

的に物事を見つめる力を養うことが大切です。


日本人同士、同世代、同性、同郷といった「同じ」人たちではない人、たと

えば外国人と様々なことを話し合ってみましょう。そして同じものを見てい

るはずなのに、違った印象や感情があることを知りましょう。すると次第に、

違いがあることが当然に感じ、その違和感から「小さな気づき」が生まれて

くるはずです。


私たちが受け入れる準備ができている、できていないに関わらず、「その時」

は私たちに襲い掛かってくるのですから...。

異文化コミュニケーション研究所(R) https://www.globalforce.link/ 日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用


1回の閲覧

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.