WEB会議のマネージメント

コロナ禍で、突然彗星の如く現れ皆に認識された「Zoom」というWEB会議

ツール、多くの方が利用されたことがあるかと思います。


中には『Zoom飲み会』で利用された方もいるのではないでしょうか? 会議以外の場でも簡単に、世界中どこにいても気軽につながることができる

ツールは素晴らしいものです。


ただ、素晴らしいツールですが、リアルな会議とは違い「制約」があると感

じてる人も多くいると思います。


たとえば、講師と多くの生徒との関係で、ときどき質問があるといった方式

の場合ではそんなに不自由は感じませんが、参加人数が多い、議論をし合う

場として利用する場合には、コツを習得しないととても使いづらいシステム

です。


そこで今回は、皆さんにWEB会議運用のコツをお伝えしたいと思います。


それは、WEB会議全体をマネージする管制官(コントローラー)を置くこと

です。


 役割1:タイムキーパー  ①決められた時間内での発言をコントロールする   (発言内容に対しては口を挟まない)  ②定期的な休憩を入れる(ストレス回避)  役割2:発言先を明確にする  ①WEB会議では発言者が誰に意見を述べているの混乱するため  ②ミュートの解除   多くの人数がいる場合には、話す人以外はミュート状態にする   のですが、必要に応じて、一対一でフリーに意見を言い合う場   を作る


 役割3:ホワイトボード  議論を収束させるため、課題や決定事項を明確にするため  (画面上で表示)  役割4:事務局  ①ネット環境におけるトラブル対応(当日&事前準備)  ②グループ設定(必要に応じて小グループで相談するもの)

議長は議事進行を行いますが、その補助として管制官(コントローラ)を置く

ことで比較的スムーズに議論ができます。



WITHコロナ時代、皆で知恵を出し合って乗り切っていきましょう!


島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R) https://www.globalforce.link/ 日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用



0回の閲覧

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.