23卒の約9割が「就活を通じて企業イメージが好転した」経験アリ。2割が「オヤカク(親の確認)」を内定承諾時に行う

株式会社電通は2022年9月29日、Z世代の就活最新動向を調べた「Z世代就活生 まるわかり調査2022」の結果を発表した。調査期間は2022年7月16日~26日で、就職活動を終えた2023年卒業予定の全国の大学生・大学院生863名から回答を得た。これにより、Z世代の就活生が、活動中に企業のイメージが良くなった/悪くなった経験の有無やその理由と、企業選びで重視したことなどが明らかとなった。


https://www.hrpro.co.jp/trend_news.php?news_no=2044




閲覧数:0回0件のコメント