はったり

故青島東京都知事の話をテレビで聴いたことがあります。


彼は転校生だったことがあったらしく、転校先でいじめられたそうです。

でも、彼はそのいじめっ子を拳で撃退したところ、それから学校では彼の天

下だったと話していました。


喧嘩が強い方が良いということではないのですが、「はったり」は必要だと

思います。


どんなに喧嘩が強い人でも、殴られれば痛いのです。負けるかもしれないの

です。ですから、心の中では武力行使を何がなんでもしたいとは思っていな

いものです。ただ、相手を従わせたいだけです。


ですから、そこで「はったり」が重要になります。

擬態のようなもので、相手が怖がって逃げてくれれば、戦いに勝つ必要はな

いからです。


聖徳太子が、遣隋使を派遣した際、


日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや、云々...


と書いて、「日出る処の」は上り調子の国から、「日没する処」は落ち目の

国に対して対等な立場で外交を求めたというのは、本当にすごいものです。